デュコラ便りJOURNAL

サロンで一般市場の売り方していると売れません

デュコラ導入店様からの嬉しい感想

他のサロンでは売れているのに、私のサロンでは売れない・・・

なんでだろう?

そんなことを思ったことはありませんか?

実はこれ業界の「あるある話です」。

お友達サロンや他のサロンのでうれているサロン専用商品を導入しても売れない。

何を導入しても、いつも売れない。

自分でも商品を気に入っている。

結果も感じている。

お客さまに使ってもらいたいと思っている。

やる気もある。

でも売れない。

「私は物販のセンスがないんだ・・・」

と思ってしまう人が少なくありません。

でも大丈夫!売れるようになります。

なぜうまくいかないのか?

理由が分かればあなたは必ず売れるようになります。

サロン専用商品の販売方法(伝え方)を学んだことはありますか?

サロンで一般市場の売り方していると売れません

あなたがサロン専用商品を売れない理由。

それは簡単です。

サロン専用商品の売り方(伝え方)を学んだことがないから。

多くの子供達がスイミングスクールに通っています。

最初から泳げる子はほとんどいません。

でもちゃんと先生の言うことを聞いて、練習すれば泳げるようになります。

泳げない子がいきなりプールに連れて行かれ、溺れるとトラウマになってプールが怖くなるかもしれません。

これと同じです。

あなたはサロンでの売り方を学んでないから「売れない」。

たったこれだけです。

「サロンでの売り方??」

そうなんです。

多くの方が「一般市場」と「サロン」での売り方が全く違うということ知らないんですね。

これが腑に落ちると売れるようになります。

化粧品を事例にあげます。

あなたはこんな経験はありませんか?

もしくは以下のように商品をおすすめしていませんか?

お客さまの悩みに対し、すぐに商品をすすめてはいけない

サロンで一般市場の売り方していると売れません

お客さまは悩みの現象をあなたに伝えてきます。

「最近毛穴が気になって・・・どうすればいいのかしら?」

このようなことをお客さまに言われた場合、あなたはどんな答えをしますか?
※サロンケアの提案は除く

「当店が扱っている◯◯◯が配合されている◯◯化粧品がとってもいいですよ!」
「私もずっと毛穴気になっていたんだけど、この商品を使ったら良くなったわよ」
「これちょっと手にとって使ってみて・・・とっても良いわよ」

等々

こんな提案をしていたら売れません。

過去になにか商品を買ったことがある、かなりの回数を通っているお客さまには通用するかもしれませんが、正直この売り方はサロンでは絶対にやってはいけません。

「え!!」と思った方。

今日からやり方を変えましょう。

上記のやり方って一般市場のやり方ですよね?

まずあなたが変えるべきこと。

サロン専用商品の販売の鉄則は、いきなり商品自体をお伝えしてはいけない!

これが非常に重要です。

では何を伝えればいいのか?

1にヒアリング2にヒアリング

サロンで一般市場の売り方していると売れません

左から、デュコラセラムジェル、クレンジング、ローション

サロン専用化粧品を販売するポイントはヒアリングです。

商品は最初からおすすめしない!これが鉄則。

では何をするのか?

それはヒアリングです。

お客さまに喋ってもらう。

どんなことを聞けば良いのか?

例えばこんな感じです。

例えばお客さまが「最近毛穴が気になって・・・」

とお客さまに言われた場合、

1.いつから気になりだしたのか?
2.ケアするためにどんな化粧品を使ってきたのか?
3.なぜその化粧品を選んだのか?使っているのか?
4.使っていてどうなのか?

これらをきっちりとお客さまにヒアリングすることからスタートです。

このヒアリングなしにいきなり、

「毛穴にはこの◯◯◯商品が良いですよ!」

なんて商品を紹介していませんか?

是非一度見直してくださいね。

デュコラオンライン説明会では、より具体的にどうやってサロン専用商品を販売していくのかをお伝えしています。

お気軽にご参加ください。

デュコラ化粧品個別オンライン説明会ついてのご案内はこちら