デュコラ便りJOURNAL

個人エステ・ネイルサロンでも月40万物販が売れる3つの秘訣

個人エステ・ネイルサロンでも月40万物販が売れる3つの秘訣

著者:デュコアドバイザー 大塚舞子

「うちはネイルでエステサロンではないから、物販でスキンケア商品は売れないだろう」

「うちのエステサロンはボディが中心で、フェイシャルエステで通っている方はほとんどいないからお化粧品は売れないかもしれない」

もしも、あなたがこのように思っているとしたら、それは少し思い違いをしているかもしれません。

サロン専売化粧品デュコラを導入しているサロンさまの中には、フェイシャルコースの施術を提供していないサロンでも、物販でスキンケア製品が売れているサロンさんがたくさんあります。

ネイルサロンやアイラッシュサロンの中でも、月に40万円も物販で売上げをあげているサロンもあるのです。

今回はその3つの秘訣をご紹介します。

ネイルサロンさまが物販を決断するまで

ネイルサロン

月に40万円、施術以外で売上げが上がっているというのはとてもすごいことですよね。

これは、スタッフがたくさんいる大きなサロンの話ではありません。
オーナーさまとスタッフ数名で運営している小さなサロンです。

しかも、デュコラ化粧品を導入して1年も満たないサロンです。

そんな個人サロンでも、これだけ販売ができているという事実があります。

とあるネイルサロンさま、以前は「ネイルサロンではお化粧品の物販はできない」と思っていたそうです。

経営のアドバイスしてくれるコンサルタントにも『ネイルサロンで物販はするべきではない』と教えられていたそうです。

でも、ネイルの施術だけでは売上に限界がある。
サロンの家賃の支払いもあるし、スタッフのお給料も支払わなければならない。

・何か、施術以外で売上をあげる方法はないかしら・・・
・ネイルサロンで化粧品を販売することはマイナスになることがあるのではないか?
・今まで通ってくださっていたお客様が離れていく可能性があるのではないか?

そんな不安を持っていらっしゃいましたが、経営者として決断したのですね。

物販でお化粧品を取り入れようと。

販売するからには、お客様に自信を持ってオススメできるものでなければ・・!と思い、色々探した後にデュコラ化粧品に巡り合ったとのこと。

サロン専売化粧品デュコラ

サロン専売デュコラ化粧品

現在はデュコラ化粧品とボディ商品も販売しているそうですが、いずれも「これは良い!」と感動したものだけを取り扱っているとおっしゃっていました。

では、どのようにしてこのサロンがこれだけ物販で売上をあげることができるようになったのか。

特別難しいことをしたわけではありません。
その理由は実にシンプルです。

秘訣1:扱っている化粧品が大好きだということを伝える

サロン専売デュコラ化粧品

サロン専売デュコラ化粧品

実はお客様は、意外とサロンの細かい部分のことを知らないものです。

・お客様にどうなってもらいたいと考えているのか?
・自分が受けているフェイシャルエステにはどのような商材を使われているのか?
・なぜオーナーはその商材を選んでいるのか?
・他の商材やお化粧品とどう違うのか?
・サロンではどのようなものを取り扱っているのか?

等々

でも実は、オーナーさまがどんなにこだわって商品を選んでいても、お客様がその理由を知る機会はあまりありません。

エステサロンでも、ネイルサロンでも、通う頻度は月に1度程度ですよね。

月に1度しかお話するチャンスがないということです。

サロンに貼られているポスターなども月に1度しか目に入るチャンスがありません。

ですから、まずはお客様に販売している商品のことを知ってもらえるようにする必要があります。

一番大切なことは、サロンが「その商品を大好きで販売している」ということを伝える!!

そのために何をするのか?

・商品棚にきちんと並べる
・ポスターやPOPなどで目を引く工夫をする
・パンフレットやチラシを配る
サロン専売デュコラ化粧品導入店 広島県福山市のレ・マンズ・Mさまのディスプレイ

サロン専売デュコラ化粧品導入店 広島県福山市のレ・マンズ・Mさまのディスプレイ

ジャニーズが好きな女の子は、スマホの待受に写真を使ったり、自分の部屋にポスターを飾ったりしますよね?

周りの人が見たら、「この子はジャニーズが好きなんだ!」と気づきますよね!

これと同じです。

自分が扱っている商品が大好きで販売していることを、様々な手法を使って自然に伝えるだけです。

とっても簡単なことですが、以外にやっていません。

なぜやらないのか?

そこまで気が回らない。やったことがない。

目の前の施術に忙しくてやっていないだけなのです。

LINE公式やブログ、インスタグラムやFacebookなどのSNSを活用して情報を発信するのも効果的ですね。

サロン専売デュコラ化粧品SNSでの紹介

サロン専売デュコラ化粧品をSNSで紹介

お客様は常にサロンからの情報をチェックしているわけではないので、同じ情報でも少し切り口を変えて繰り返し伝えていくことが大切です。

・なぜこの商材を使っているのか
・なぜ自分やスタッフがこの商品が好きなのか
・どんなところが気にいっているのか
・お客さまに好評な理由は何か
・他の商品との違いは何か

サロンのことや商品の魅力、自分の好きなものをお客様に知ってほしい!

物販が売れているサロンさんは、そういう純粋な気持ちがお客様に伝わっているのかもしれませんね。

秘訣2:サロンでお客様にしゃべってもらう

お客様の肌悩みを聴く

お客様自身に興味がないのにも関わらず物販を勧めてしまうと、お客様は「売られている」と感じてしまいますよね。

お客様は何に悩んでいて、どうなりたいのか?

まずはそれを聞き出すことが大事です。

こちらが話すのではなく、たくさんお客様にしゃべってもらうことです。

お客様のお悩みに対して、何かアドバイスしてあげたいということに意識が向いてしまい、案外お客様にしゃべってもらうことが十分にできていない方もいらっしゃるかもしれません。

・いつから悩んでいるのですか?
・その悩みに対して対策していることは何ですか?
・今はどんなお化粧品を使っていますか?
・そのお化粧品はお肌に変化は出ていますか?

このようにどんどんお話を聞いていくと、自然とお客様は気づくはずです。

エステサロンカウンセリング

『自分では対策しているつもりだったけど、きちんと対策できていないのかも?』

『私が使っているものや、私の化粧品の選び方が間違っているのかも?』

というふうに。

お客様がもっと知りたい、教えて!という状態になるまでじっくりとコミュニケーションをとってみると「売り込まずに売れる」という現象が起きます。

秘訣3:物販を「売る」という意識を手放す

物販を「売る」という意識を手放す

物販が得意なサロンさまはみんな楽しんで売っているように感じます。
販売しようとしているわけではなく、「結果的に売れている」という感覚のようです。

確かに、自分が好きなものをお客様が好きになってくれたら嬉しいですよね。

新商品のお菓子をたべたらおいしかったから、友だちに勧めたら気に入ってくれた!
近所にできたお店の雑貨がかわいいから、ママ友に紹介したら喜んでいた!

それと同じ感覚なのですね。

ですから、物販でお化粧品が売れることと、フェイシャルエステの施術を行っているかどうかというのはあまり関係がないのでしょう。

お客様の話を聞くエステティシャン

「売る」ことに意識が向いてしまうと、お客様が求めていることを読み取れなかったり、会話の途中で強引にお化粧品の話につなげてしまったりすることがあるかもしれません。

きっと、お客様とのコミュニケーションの中で不自然さが出てしまいますよね。

お客様としっかりコミュニケーションを取ることで物販が売れているサロンさまは、きっとどんなアイテムを取り扱っても売ることができるように感じます。

いかがでしょうか。
こうやって見てみると、そこまで難しいことではないですよね。

自分が大好きな商品を見つけ、そのお化粧品の魅力を伝えていく。
ただ、それだけなのです。

サロン専売化粧品デュコラ

サロン専売デュコラ化粧品

サロン専売化粧品デュコラのお化粧品には、一般市場で販売されているお化粧品とは明らかな「違い」があります。

ですから、たくさんのオーナーさまが魅力を感じてくださいます。

そして、サロンで購入したお客様にもリピートしていただけるお化粧品です。

ぜひあなたにもその魅力を感じていただきたいです。

デュコラ化粧品のことや、お化粧品業界のこと、販売のコツなどはオンライン説明会で詳しくご案内しております。
もっと詳しく知りたい方はぜひ説明会にご参加ください!

ご参加お待ちしております。

無料個別オンライン説明会のご案内